レガシー・マイグレーションのノウハウ&ドゥハウ。 計画時サービスからメインサービスまでシステムズの業務をご案内。

システムズのマイグレーション事例

国際特許を取得した独自の技法と、十余年の経験で培われた技術ノウハウを活かした当社のマイグレーションは、
豊富なOSやプラットフォーム、開発言語に対応した移行実績を誇っています。


ケーススタディ > ERP化との共存|マイグレーションの部分適用 > マイグレーションを部分適用した場合のパフォーマンス

ERPとの共存でマイグレーションを部分適用した場合のパフォーマンス

マイグレーションの適用を検討、または実施中のお客様からは、さまざまな質問を頂戴します。今回は汎用機からWindowsサーバへの移行前・後における性能の差違についてひも解いてみましょう。

マイグレーションの部分適用により、システム再構築の現場でのERP(SAP R/3)導入をよりスムーズ・低コスト化を実現した製造業のお客様では、ERP(SAP/R3)の導入により処理時間の増加が判明。マイグレーションを導入する際に性能面で低下するのではないか、との懸念が生じました。

当社では、このシステムで重要な機能となる、月次処理での50万件におよぶ検収明細票の作成に関わる箇所に注目し、現行ホスト機と新システムとで、性能面での比較検証を実施しました。別表に示したとおり、性能面では現行ホスト機を大きく上回るパフォーマンスが計測されています。

  現行システム 新システム(開発用)
メーカー IBM IBM x3400
OS OS390 Windows Server
バージョン・リリース Z/OS V1 2003 R2 SP2 x64

ジョブ 現行システム(平均値) 現行 性能(新システム)
JOB(A) 0:03:50.43 0:43:14.21 約11倍
JOB(B) 0:00:00.90 0:05:16.00 約351倍
JOB(C) 0:00:02.42 0:01:09.00 約28倍

 

pagetop
FX手数料